出雲の参拝方法

参拝方法【さんぱいほうほう】

出雲大社 ~おまいりの作法~

手水(てみず)

神社にお参りする際はまず、「手水舎」で手と口をすすぎます。昔から清らかな水は穢(けがれ)を流すとされ、手水は禊(みそぎ)を略式化したものともいえます。

【手水の作法】

  • はじめに左手を清めます。

  • 次に右手を清めます。

  • 左手に水を受け、口をすすぎます。

  • 再び左手を清めます。

  • 柄杓を縦にもち、残った水で柄を洗い流します。

二礼四柏手一拝

神社でも、家庭でも、神さまにお参りする際は、二礼四拍手一拝の作法で行います。特に家庭では、毎日欠かさず、家族そろってお参りしたいものです。

【参拝の作法】

  • 姿勢を正してから腰を九十度に曲げ、二回礼をします。

  • 胸の前で両手を合わせ、右手指先を少し下げ、四回手を打ちます。

  • もう一度礼をします。

玉串(たまぐし)拝礼の作法

玉串とは、冬でも青々とした葉が茂り、神さまが宿るとされる榊の枝に、白い紙(紙垂)を結び付けたものをいいます。榊には「栄える木」、神社を神聖な場所として「境とする木」の意味もあります。

【玉串拝礼の作法】

  • 玉串を受け取り、玉串の先を時計回りに九十度回します。

  • 左手を下げて根元を持ちます。

  • 玉串をさらに時計回りに回し、根元を神前に向けます。

  • やや進んで、玉串を案(机)の上に置きます。

  • やや下がり、二礼四拍手一拝をしてお参りします。

ページのトップへ